東京電力グループの取引先企業に関する実態調査

2013/06/20

東京電力・福島第一原発の事故から2年以上が経過した。この間、風力、太陽光発電など新エネルギー関連ビジネスの盛り上がりはあったが、電力不足、さらには原発安全対策に対する懸念も改めて浮上、大きな問題となっている。 帝国データバンクは、企業概要データベース「COSMOS2」(143万社)などを用いて、東京電力グループと直接取引があり、同グループを主要取引先とする国内企業を抽出し、業種別、都道府県別、年売上高別に調査・分析した。 なお、東京電力グループの取引先企業に関する調査は、2011年5月12日、2012年6月28日に次いで3回目。 東京電力グループとは、本体企業を含め、2011年度・有価証券報告書に記載のある国内連結子会社および持ち分法適用関連会社と定義した 「主要」取引先とは、当該企業の認識に基づくもので、売上高比率などの一定の基準はない 東電グループの複数社と取引関係がある企業については「1社」としてカウントした 取引の有無、売上高、所在地は最新のものとしたが、弊社調査後に変動している可能性もある

実態調査 / 発表元[ 帝国データバンク::TDB Watching ]

Share |

pagetopページ上部へ