[近畿]事業承継に関する近畿地区企業の意識調査

2013/07/24

永続的に企業を継続、発展させ、事業活動の中で蓄積された技術やノウハウを承継させていくことは、今後の日本経済の継続的な発展に不可欠である。出生数が突出している団塊世代の年齢が60歳代後半を迎えるなど高齢化社会が進むなかで、企業経営者の年齢も上昇しており、事業承継の問題は年々重要さを増している。 帝国データバンク大阪支社では、近畿地区の企業を対象に事業承継に関する企業の見解について調査を実施した。 調査期間は、2013年6月18日〜30日。対象企業数は3,698社で有効回答企業数は669社。

意識調査 / 発表元[ 帝国データバンク::TDB Watching(地域) ]

Share |

pagetopページ上部へ