第5回主要百貨店96社の経営実態調査(2012年度)

2013/10/24

百貨店業界に、僅かながらも明るい兆しが見えてきている 日本百貨店協会が公表している「全国百貨店売上高概況」によると、2012年の百貨店総売上高は約6兆1453億円と前年比0.3%増。前年まで15年連続の前年割れ(2011年は前年比2.0%減)が続いていたことを考えると、歴史的なターニング・ポイントを迎えていることがわかる。 帝国データバンクは、企業概要データベース「COSMOS2」(144万社収録)から、全国主要百貨店96社を対象とした2011年度(2011年4月〜2012年3月)、2012年度(2012年4月〜2013年3月)の過去2期間の売上高、損益(単体ベース)について調査、分析した。

実態調査 / 発表元[ 帝国データバンク::TDB Watching ]

Share |

pagetopページ上部へ