[東北]東北6県 ガソリンスタンド経営業者の倒産、休廃業・解散動向調査

2014/07/17

経済産業省資源エネルギー庁が今年4月7日に発表した資料によると、SS(サービスステーション)が地域内に3カ所以下の自治体が、全国に265市町村も存在することが明らかになった。前年から8町村が新たに加わり、これら「ガソリンスタンド過疎地」は各地で広がりをみせている。昨年1月末には、かねてからその費用負担が懸念されていた、貯蓄用地下タンクの改修期限を迎えており、直近でもレギュラーガソリン小売価格が169.7円/?(資源エネルギー庁発表、7月7日時点)まで高騰するなど、ガソリンスタンドを取り巻く環境に注目が集まっている。 帝国データバンク仙台支店は、2006年度から2013年度の間で倒産(法的整理)または休廃業・解散によって市場から消滅した東北6県のガソリンスタンド経営業者を集計、分析した。なお、本調査は2013年6月に続き2回目となる。

動向調査 / 発表元[ 帝国データバンク::TDB Watching(地域) ]

Share |

pagetopページ上部へ