[近畿]2015年 近畿企業の社長分析

2015/02/18

2014年の「休廃業・解散」は、2万4106件<帝国データバンク『全国「休廃業・解散」動向調査(2014年)』、1月27日発表>。うち経営者の年齢が「70歳以上」の構成比は10年連続で前年を上回ったほか、全体の約1割が「80歳以上」となるなど、経営者の高齢化問題が深刻さを増してきた。自身の高齢化にともない、事業承継するのか、廃業するのか、選択を迫られる経営者は多い。 帝国データバンクは、2014年12月末時点の企業概要ファイル「COSMOS2」(約145万社収録)から近畿地区における「株式会社」「有限会社」の代表を務める社長、のべ16万6297人のデータを抽出。2014年の1年間における社長の交代状況について分析した。なお、社長の出身地および出身大学に関するデータは本稿末尾に掲載している。

分析調査 / 発表元[ 帝国データバンク::TDB Watching(地域) ]

Share |

pagetopページ上部へ