[九州]2014年度九州・沖縄地区ホテル・旅館業売上高ランキング

2016/03/22

観光庁によると、2015年(2015年1月〜12月)の延べ宿泊者数は前年比6.7%増の5億545万人泊と2007年の調査開始以来、初めて5億人泊を超えた。日本人延べ宿泊者数は前年比2.4%増と2年ぶりに増加に転じたほか、外国人延べ宿泊者数が同48.1%増の6637万人泊と大幅に伸びた。 九州・沖縄地区(以下、九州)の外国人延べ宿泊者数も、宮崎県を除く7県が全国平均伸び率を上回った。こうしたインバウンド効果を追い風に、九州のホテル・旅館業界は、上位50社の売上高合計が4年連続で前年度を上回るなど好調に推移している。 この調査は、帝国データバンクの企業情報データベース「COSMOS2」(146万社収録)から、九州に本社を置き、ホテル・旅館経営を主業とする企業(受託運営会社を含む)1122社を抽出。売上高上位50社の2014年度(2014年4月期〜2015年3月期)の業績などについてまとめた(売上高は一部推定も含む)。本調査は2015年2月に続いて7回目。

その他 / 発表元[ 帝国データバンク::TDB Watching(地域) ]

Share |

pagetopページ上部へ