[中部]長野県内「特別清算」動向調査(2006年度〜2015年度)

2016/04/20

倒産集計の対象となる法的整理には「破産」「民事再生法」「会社更生法」「特別清算」がある。この中では「破産」が圧倒的に多く、2015年度(2015年4月〜2016年3月)における県内の倒産でも全体の93.2%を占めている。「特別清算」は「破産」と同じく清算型の手続き。ただ、適用・手続き面などでは「破産」と異なる点も多く、近年は事業再生スキームの中に位置づけられ、事業を新会社に譲渡し、特定の負債だけを残した旧会社を清算する際に活用されるケースも増えてきた。 帝国データバンクでは今回、過去10年間(2006年度〜2015年度)に長野県内で特別清算を申請した企業を対象とした調査を実施。申請企業数の推移、業種別や負債規模別、さらに倒産全体の中での特徴点などを分析した。

動向調査 / 発表元[ 帝国データバンク::TDB Watching(地域) ]

Share |

pagetopページ上部へ