[中部]2015年度長野県内企業売上高ランキング(上位100社・速報)

2016/06/16

景気が不透明感を強めている。第2次安倍内閣が発足し、アベノミクススタート後しばらくは、企業間格差を指摘されながらも、積極的な財政支出や株高・円安の追い風もあって業績を回復させる企業が増加。リーマン・ショック後の急激な落ち込みや東日本大震災による社会・経済の混乱から落ち着きを取り戻しつつあった。しかし、2014年4月に消費税率が引き上げられてから消費の伸び悩みが長期化。2015年になると、中国をはじめとする新興国経済の減速も鮮明となり、海外依存度の高い日本経済への影響が表面化するようになる。さらに、2016年に入ってからは円相場も不安定感を強め、一時に比べ円高局面で進行、輸出関連企業を中心に懸念が高まっている。 近年、県内大手企業の業績は比較的堅調に推移してきたが、2015年度はどうだったのだろうか。帝国データバンクでは毎年6月、「県内企業売上高ランキング〈上位100社〉」を集計しているが、今回2015年度(2015年4月決算〜2016年3月決算)を対象とした最新のランキングを作成し、業績動向を探った。この集計には金融機関や事業協同組合などは含めておらず、連結決算を行っている企業もすべて単体の売上高を採用している。 当集計は、6月10日現在で判明したデータに基づいて作成。なお、3月決算企業のうち、株主総会が終了していない企業の売上高は決算案である。

その他 / 発表元[ 帝国データバンク::TDB Watching(地域) ]

Share |

pagetopページ上部へ