[中部]2015年度長野県内機械系製造業売上高ランキング

2016/07/28

近年、比較的堅調な推移を示してきた製造業。特に長野県内に多数存在し、基幹産業となっている機械系製造業者の中には、海外との関係が深い輸出関連メーカーが少なくないが、円安を追い風に技術開発力や営業力を発揮して海外需要を掘り起こし、業績を伸ばす企業も目立っていた。 ただ、昨年半ば以降、製造業を巡る環境は大きく変化。それ以前より、国内では消費や投資の停滞感が広がっていたが、秋には中国経済の減速が鮮明化。また、数年来の円安も変化し、今年に入ってから円高傾向が生じていたところ、6月24日に行われたイギリスの国民投票でEU離脱が決まってからは一気に円高に振れる事態となった。TDB景気動向調査における長野県内製造業の景気DIをみると、昨年9月に急降下して以来小幅な一進一退を続けており、回復軌道に乗ることがないまま今日に至っている。 帝国データバンクでは、こうした状況に置かれた県内機械系メーカーの業績動向を把握するため、2015年度(2015年4月〜2016年3月)に到来した各社の決算期における売上高を対象に上位50社のランキングを作成し、分析した。なお、連結決算を行っている企業も、すべて単体の数字を採用している。

その他 / 発表元[ 帝国データバンク::TDB Watching(地域) ]

Share |

pagetopページ上部へ