[九州]新規株式上場意向に関する九州企業のアンケート調査

2012/05/17

2011年に新規株式上場(IPO)した企業は、4年連続で50社を割り込んだものの、前年比15社増の37社。そのうち、九州・沖縄(以下九州)は1社だった。2012年に入っても、全国で12社、九州では2社が上場を果たすなど新規株式上場は回復しつつあるが、欧州信用不安の再燃や円高の進行など先行きの不透明感も強まっている。 帝国データバンク福岡支店では、株式上場の意向を持つとみられる九州の企業にアンケート調査を実施した。調査期間は2012年2月15日〜3月9日、調査対象は1.2011年に実施した同調査でIPOの意向を確認、2.帝国データバンクの企業信用調査でIPOの意向を確認、3.ベンチャーキャピタルの出資を確認のいずれかの条件に該当する未上場企業4255社(九州は224社)。今回は全国調査分のうち「IPOの意向がある」と回答した「株式上場予備軍企業」(557社)から九州分を抽出してまとめた。

その他 / 発表元[ 帝国データバンク::TDB Watching(地域) ]

Share |

pagetopページ上部へ