[関東]2012年度の業績見通しに関する茨城県内企業の意識調査

2012/05/30

国内景気は、東日本大震災からの復旧・復興需要や金融政策支援が実施される一方で、原発事故の影響や全国的な電力不足懸念など、企業の経営環境は厳しい状況が続いている。また、地域や業界により景気の回復度は異なっており、企業の業績動向が注目される。 帝国データバンクは、2012年度の業績見通しに関する企業の意識について調査を実施した。調査期間は2012年4月17日〜30日。調査対象は全国2万3313社、茨城県内315社で、有効回答企業数は全国1万380社(回答率44.5%)、茨城県内139社(同44.1%)。なお、業績見通しに関する調査は2009年3月、2010年3月、2011年4月に続き4回目。 ■前回の発表分はこちら 2011年度の業績見通しに関する茨城県内企業の意識調査 (2011.6.15)

意識調査 / 発表元[ 帝国データバンク::TDB Watching(地域) ]

Share |

pagetopページ上部へ