「東日本大震災関連倒産」1000件の内訳と今後の見通し

2012/10/29

東日本大震災から1年7ヵ月余りが経過した。死者・行方不明者が合わせて1万8649人に上る(警察庁公表、10月24日時点)歴史的巨大災害の傷は未だ癒えていない。復興庁を設置して対応に全力を挙げていたはずが、ここにきて復興予算が被災地以外に支出していたことが問題視されるなど、先行きの見通しが立っているとは言いづらい状況にある。10月16日に国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)が発表した「世界災害報告2012」の推定によると、東日本大震災の損害額は2100億米ドル(1米ドル=80円換算で約16兆8000億円)。人的にも経済的にもこの震災が与えた損失は余りにも大きい。 帝国データバンクでは、東日本大震災により直接的な被害(物理的損傷等)、または間接的な被害を受けたことが取材で判明した企業倒産を「東日本大震災関連倒産」と定義し、震災直後から集計を開始している。

経済見通し / 発表元[ 帝国データバンク::TDB Watching ]

Share |

pagetopページ上部へ