[関東]2013年の景気見通しに対する千葉県内企業の意識調査

2012/12/18

2012年12月10日に発表された7-9月期の実質GDP 成長率(2次速報)は前期(4〜6月期)比0.9%減、年換算率で3.5%減となり、2四半期連続のマイナス成長となった。 自公両党が3年3カ月ぶりに政権を奪還したが、政局混乱が収まらなければ、景気対策の遅れが懸念されるほか、円高や海外経済の減速などにより景気が下振れするリスクもある。 そこで、帝国データバンク千葉支店では、2012年の景気動向および2013年の景気見通しに対する企業の意識について調査を実施した。 調査期間は2012年11月19日〜30日。調査対象は全国2万3,173 社、千葉489社で、有効回答企業数は全国1万407社(回答率44.9%)、千葉224社(同45.8%)。

意識調査 / 発表元[ 帝国データバンク::TDB Watching(地域) ]

Share |

pagetopページ上部へ