2014年「コンサルティング料金」に関する基礎調査

  • 形態:価格
    (税込)

    CD-ROM : 324,000円

"~ 当該ベンダ(490社・団体・個人)を中心に、「コンサルティング料金」の網羅的な深堀調査を実施 ≪時間単位別、日単位別、月単位別、回・案件単位別 集計&分析(各単位別に定義した場合のそれぞれのMin.やMax.、コンサルティング料金分布をグラフ(見える)化)≫~"

商品概要 - 2014年「コンサルティング料金」に関する基礎調査

【はじめに】

 2014年度に入って、3か月半が経過しようとしているが、景気回復が進んでいる中で「コンサルティング料金」について網羅的に比較(ベンチマーク)して欲しいといった要望が高まっている。

 調査の背景にあるのは、「ビッグデータ活用」(有償)コンサルティング・サービスなどIT業界において新たな事業モデル(有償コンサルティング・サービス)を構築する際、「グレーゾーン」となっていてなかなか表に出てこない(実態を掴みにくい)「コンサルティング料金」の実態を網羅的に把握することで、自社の有償サービス料金設定に活かしたいといった声がある。また、今後、新ITサービスや新規事業を展開する際、「有償コンサルティング」をメニュー化しようと模索している事業者から、是非「コンサルティング料金」に関する基礎調査を実施して欲しい(可能な限り網羅的に情報を集めて欲しい)といった要望が増えている。

 こうした声を受けて、ESP総研では当該主要ベンダ(490社・団体・個人)を中心に、「有償コンサルティング料金」の網羅的な深堀調査を実施。時間単位別、日単位別、月単位別、回・案件単位別 集計&分析(各単位別に定義した場合のそれぞれのMin.やMax.、コンサルティング料金分布をグラフ(見える)化):レポート化することとなった。

 この調査報告書が「コンサルティング」関連ビジネスに着眼する全ての皆様のマーケティング活動に貢献できることを心から切に望むものである。

調査概要 - 2014年「コンサルティング料金」に関する基礎調査

【調査対象】

・「コンサルティング料金」分野 全般

【調査方法】

・弊社専門調査員によるオープンデータの収集ならびに活用により調査・分析を行った。

【調査&レポート期間】

・2014年5月21日(調査開始)~2014年6月10日まで深堀調査を実施した。その後、レポーティング(集計&分析)を実施し、2014年6月12日に集計&分析ならびにコメント化が終了した。

商品詳細 - 2014年「コンサルティング料金」に関する基礎調査

資 料 名:2014年「コンサルティング料金」に関する基礎調査
発 刊 日:2014年6月12日
調査・発行:株式会社ESP総研
販   売:株式会社J・Grip
体   裁:A4版 PDF(CD-R)
■CD-ROM

資料目次 - 2014年「コンサルティング料金」に関する基礎調査

Ⅰ.総括 編 P1

1)「コンサルティング料金」分布グラフ(1時間あたり) N=60 P2
2)「コンサルティング料金」分布グラフ(1日あたり) N=15 P3
3)「コンサルティング料金」分布グラフ(1か月あたり) N=170(1)全体 P4
3)「コンサルティング料金」分布グラフ(1か月あたり) N=164(2)33万円以下/月 詳細 P5
4)「コンサルティング料金」分布グラフ(1回・1案件あたり) N=133(1) P6
4)「コンサルティング料金」分布グラフ(1回・1案件あたり) N=98(2)300,000円/回・案件以下 詳細 P7
5)「コンサルティング料金」言及社・者別×マトリックス(490社・団体・個人)<社名・コンサルティング料金体系・指標・コンサルティング種類> P8

奥付け
  • 形態:価格
    (税込)

    CD-ROM : 324,000円

pagetopページ上部へ