2011年「ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス」に関する今後5カ年(2012年度~2016年度)の対象エリア(場所)別の普及シナリオ予測【特別企画調査】

  • 形態:価格
    (税込)

    製本+CD-ROM : 1,026,000円

~大分類20セグメントの用途・適用エリア別×公開統計の抽出ならびに、公開統計をベースとした「Japan-VALS2」普及予測ロジックによるトップダウン式潜在市場規模算出~

商品概要 - 2011年「ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス」に関する今後5カ年(2012年度~2016年度)の対象エリア(場所)別の普及シナリオ予測【特別企画調査】

Ⅰ.要約・結論 編
Ⅱ.潜在市場規模算出 編
Ⅲ.基本ロジック・普及予測根拠 編
Ⅳ.公開統計抽出 編
※全文はこちらをご覧下さい。

商品詳細 - 2011年「ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス」に関する今後5カ年(2012年度~2016年度)の対象エリア(場所)別の普及シナリオ予測【特別企画調査】

資料名 : 2011年「ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス」に関する今後5カ年(2012年度~2016年度)の対象エリア(場所)別の普及シナリオ予測【特別企画調査】
発刊日 : 2011年5月19日
発  行 : 株式会社ESP総研
販  売 : 株式会社J・Grip
体  裁 : A4/177ページ
■製本+CD-ROM

調査概要 - 2011年「ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス」に関する今後5カ年(2012年度~2016年度)の対象エリア(場所)別の普及シナリオ予測【特別企画調査】

【調査方法】
弊社専門調査員による訪問ヒアリング、電話でのヒアリング並びにメールによる追加的な情報収集、弊社内データベースの活用により調査・分析を行った(主は電話でのヒアリングであった)。
【調査&レポート期間】
2010年12月6日~2011年1月20日まで、実態調査といった観点で深堀調査を実施した。 その後、さらに2011年5月11日まで公開統計収集を含む情報収集を実施した。その後レポーティング(集計&分析)を実施し、2011年5月19日に集計&分析ならびにコメント化が終了した。
【特別企画調査】とは?
※全文はこちらをご覧下さい。

目次概要 - 2011年「ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス」に関する今後5カ年(2012年度~2016年度)の対象エリア(場所)別の普及シナリオ予測【特別企画調査】

Ⅰ.要約・結論 編
1)「ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス」×対象エリアの抽出方法
2)-3)対象エリア:大分類20セグメントにおける「ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス」潜在市場規模推移・普及予測
ソフトウェア販売のケース・システム販売のケース
4)対象エリア:大分類20セグメント別潜在市場規模ランキング
楽観シナリオ【2012年度 予測】【2016年度 予測】
悲観シナリオ【2012年度 予測】【2016年度 予測】
ソフトウェア販売のケース・システム販売のケース
5-1,2)「ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×ソフトウェア販売×対象エリア:大分類20セグメント×今後5カ年の潜在市場規模予測
【楽観シナリオ 予測】・【悲観シナリオ 予測】
「ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×システム販売×対象エリア:大分類20セグメント×今後5カ年の潜在市場規模予測
6-1,2)【楽観シナリオ 予測】【悲観シナリオ 予測】
Ⅱ.潜在市場規模算出 編
1. ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×エリア別 潜在市場規模推移・予測
1)-2)対象エリア:大分類20セグメントにおける「ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス」潜在市場規模推移・普及予測
ソフトウェア販売のケース・システム販売のケース
2-1. ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×エリア別 潜在市場規模推移・予測×最重要ターゲット:大分類20セグメント別≪ソフトウェア販売のケース≫
※ 以下、対象×ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×潜在市場規模<普及予測>
1-1)1,500kl以上のエネルギーを使用している工場
1-2)介護施設
1-3)病院
1-4)パチンコ店
1-5)コンビニ
1-6)事業所を多く持っている企業
1-7)小売業
1-8)ホテル
1-9)パソコンが50台以上ある企業
1-10)スーパーマーケット
1-11)製造業
1-12)オフィス・ビル
1-13)従業員数が200名規模の中堅企業
1-14)測量業
1-15)廃棄物業者など
1-16)フランチャイズ企業
1-17)地方自治体
1-18)自動車会社・自動車関連会社
1-19)学校
1-20)土木関連業者
2-2. ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×エリア別 潜在市場規模推移・予測×最重要ターゲット:大分類20セグメント別≪システム販売のケース≫
※ 以下、×ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×潜在市場規模<普及予測>
1-1)1,500kl以上のエネルギーを使用している工場
1-2)介護施設
1-3)病院
1-4)パチンコ店
1-5)コンビニ
1-6)事業所を多く持っている企業
1-7)小売業
1-8)ホテル
1-9)パソコンが50台以上ある企業
1-10)スーパーマーケット
1-11)製造業
1-12)オフィス・ビル
1-13)従業員数が200名規模の中堅企業
1-14)測量業
1-15)廃棄物業者など
1-16)フランチャイズ企業
1-17)地方自治体
1-18)自動車会社・自動車関連会社
1-19)学校
1-20)土木関連業者
Ⅲ.基本ロジック・普及予測根拠 編
※以下、ICTを利活用した“CO2削減”ビジネス×対象
(1) 全体市場に占めるビジネスモデル別比率推移(2009年度~2013年度)
(2) 平均実績価格 裏付け
(3) 潜在市場規模算出(今後5カ年での普及予測)-「Japan-VALS2」アプローチ-
Ⅳ.公開統計抽出 編
※ 以下、対象の数を記載
(1)1,500kl以上のエネルギーを使用している工場
(2)介護施設
(3)病院の
(4)パチンコ店
(5)コンビニ
(6)事業所を多く持っている企業
(7)小売業
(9)パソコンが50台以上ある企業
(10)スーパーマーケット
(11)製造業
(12)オフィス・ビル
(13)従業員数が200名規模の中堅企業
(14)測量業
(15)環境ビジネスの 市場規模 金額ベース
(16)フランチャイズ企業
(17)地方自治体
(18)自動車会社・自動車関連会社
(19)学校
(20)土木関連業者
※詳細目次はこちら
  • 形態:価格
    (税込)

    製本+CD-ROM : 1,026,000円

pagetopページ上部へ