2011年「エネルギーハーベスティング」ビジネス実態総調査

  • 形態:価格
    (税込)

    製本+CD-ROM : 153,900円

    CD-ROM : 102,600円

    製本 : 102,600円

~「エネルギーハーベスティング」関連主要プレイヤーの取り組み最前線/用途・適用分野別関連市場規模算出/将来予測~

商品概要 - 2011年「エネルギーハーベスティング」ビジネス実態総調査

2011年度に向けて、振動や光、熱、電磁波など身の回りの小さなエネルギー(普段は捨てられてしまうような、ごくわずかなエネルギー)を“収穫”して活用する技術「エネルギー・ハーベスティング」最新ビジネス(日本国内市場)について俯瞰することが焦眉の急となっている。
※全文はこちら

調査概要 - 2011年「エネルギーハーベスティング」ビジネス実態総調査

【調査対象】
 Web上にて「エネルギーハーベスティング」と言及している事業者(プレイヤー)<53社・団体>すべてにアプローチし、取材依頼を行った。但し、「製品化はまだで、現在研究開発中」とするプレイヤー且つ「特段、取材などに対して回答できるレベルにない」とするプレイヤーについては深堀調査対象外とした。
【調査方法】
 弊社専門調査員による訪問取材、電話取材並びにメールによる追加的な情報収集、弊社内データベースの活用により調査・分析を行った(主は訪問取材、電話取材であった)。
【調査&レポート期間】
 2010年12月6日(取材依頼開始)~2011年3月3日まで深堀調査(訪問取材、電話にてフォロー取材)を実施した。その後レポーティング(集計&分析)を実施し、2011年3月25日に集計&分析ならびにコメント化が終了した。

商品詳細 - 2011年「エネルギーハーベスティング」ビジネス実態総調査

資料名 : 2011年「エネルギーハーベスティング」ビジネス実態総調査
発刊日 : 2011年3月25日
調査・発行:株式会社ESP総研
販  売 : 株式会社J・Grip
版  型 : A4/124ページ
■製本
■CD-ROM
■製本+CD-ROM

主な掲載内容 - 2011年「エネルギーハーベスティング」ビジネス実態総調査

I.調査対象リスト一覧 編
1)調査対象プレイヤーの抽出方法
2)「エネルギーハーベスティング」ポテンシャル・プレイヤー×マーケティン
  グ・マトリックス
3)深堀調査対象外とした、その理由レポート
II.総括 編
・総括
0)「エネルギーハーベスティング」の定義範囲について
1)市場概況×ライフサイクル・フェーズにおける現状のポジション&今後のシ
  ナリオ予測
2)当該主要16社×当該売上額推移の換算
3)当該主要16社×ビジネスモデル別 当該売上額推移の換算
4)「エネルギーハーベスティング」の当該市場規模<実態市場規模感、潜
  在市場規模感>
5)「エネルギーハーベスティング」の当該市場規模
6)当該主要16社 ビジネスモデル×売上実績・予測から換算できる当該ビ
  ジネスモデル別 構成比率の変化・シナリオ
7)「エネルギーハーベスティング」の市場占有率ならびに当該売上ランキン
  グについて
8) 「エネルギーハーベスティング」の競合認識、参入プレイヤー数認識
9)主要14社における「エネルギーハーベスティング」シーズ別
10-1)「エネルギーハーベスティング」×「適用分野」コンサルティング
10-2)当該18社における「適用分野」別 合計点数 検証 有望度×実績ク
    ロス MAP
10-3)適用分野×俯瞰図
10-4-1)「エネルギーハーベスティング」実態市場規模推移 ※時計を含め
      ない場合
10-4-2)「エネルギーハーベスティング」実態市場規模推移 ※時計を含め
      る場合
10-4-3)「エネルギーハーベスティング」潜在市場規模推移「2020年度」
10-5)「個票要約分析」 ×「適用分野」別比率シェア調査結果
11)「個票分析」×「技術クロス分布」
12)個票要約「ビジネスモデル」集計&分析(1)~(4-2)
13)「個票要約分析」×「販売チャネル」(ゼロ段階)(1段階)
14)開始時期×当該単年売上規模の相関(XY軸)統計/(XY軸)マッピング
15)導入実績×金額ベースから言えること/相関統計
16)前年比伸長率から見えてくる当該市場概況
17)目標×当該売上規模クロス
18)今後の売上計画×当該売上規模クロス
19)「個票分析」×「市場拡大要因」分析
20)イノベーション・ポイント× 「エネルギーハーベスティング」によって近未
   来シーンとしてどのようなことが可能になるのか?
   「エネルギーハーベスティング」によって未来がどのように変わるのか?
   重要な観点⇒ 「エネルギーハーベスティング」ビジネスの価値
   →魅せ方⇒どのようにユーザーに切り込んで説得していくのか?
21)課題認識
22)有望アプリケーション/キラーアプリケーション
23)「エネルギーハーベスティング」ビジネス 主要ベンダ当該売上予測推移
   ×ビジネスモデルMAP 一覧
24)「エネルギーハーベスティング」ベンダ×価格定義&具体的な価格指標
   一覧
25-1)主要18社における「エネルギーハーベスティング」×適用分野 マトリックス一覧
25-2)主要18社における「エネルギーハーベスティング」×適用分野&対象エ
    リア マトリックス一覧 点数化
25-3)主要18社における分野・対象別×全体に占める「適用分野」比率、売
    上換算 マトリックス一覧
26-1)「エネルギーハーベスティング」ビジネス×実態調査結果・マトリックス
26-2)「エネルギーハーベスティング」ビジネス×深堀実態調査結果・マトリックス
III.個票要約 編
1)旭硝子㈱(1)~(2)
2)アダマンド工業㈱ (1)~(4) ※深堀調査
3)オムロン㈱(1)~(2)
4)㈱音力発電(1)~(7)
5)加賀電子㈱(1)(2)
6)菊水電子工業㈱(1)(2)
7)㈱KELK(1)(2)
8)㈱コージェント(1)(2)
9)CP&Cジャパンパートナーズ㈱(1)(2)
10)シチズン時計㈱(1)(2)
11)㈱ストロベリー・リナックス(1)(2)
12)東京コスモス電機㈱(1)(2)
13)ニチコン㈱(1)(2)
14)日本テキサス・インスツルメンツ㈱(1)(2)
15)日本電業工作㈱(1)(2)
16)㈱日立製作所 ワイヤレスインフォ統括本部(1)~(4)
17)㈱守谷商会(1)(2)
18)リニアテクノロジー㈱(1)(2)
【※深堀調査企業×共通ヒアリング項目】
(1) 「エネルギーハーベスティング」関連/中核プロダクツ&ソリューション&
  サービス概要、料金指標 または 御社における「研究開発」内容
(2)適用分野・対象エリア/ターゲット市場セグメント
(3)主要技術
(4)有望アプリケーション/キラーアプリケーション
(5)想定市場規模/当該売上計画 1)想定市場規模 御社における当該売上
  計画
(6)市場拡大要因/市場阻害要因 1)市場拡大要因2)市場阻害要因
(7)課題
(8)競合/当該参入プレイヤー数認識
(9)今後の研究開発/事業化計画
(10)「エネルギーハーベスティング」によって近未来シーンとしてどのようなこ
   とが可能になるのか?「エネルギーハーベスティング」によって未来が
   どのように変わるのか?重要な観点
(11)参考情報
   URL/電話番号/売上高/従業員数/設立年月
(12) 当該ビジネス×売上推移
 2009年度(実績)
 2010年度(見込)
【実態調査企業×共通ヒアリング項目】
(1)関連/中核プロダクツ&ソリューション&サービス概要
(2)適用分野・対象エリア
(3)ビジネスモデル/ハードウェア販売/ソフトウェア販売/SI/ASPやSaaSなどのサービス提供/コンサルティング/ソフトウェア開発/システム販売/その他
(4)販売チャネル/直販・間販の比率/代理店名など
(5)開始時期(  年 月)
(6)導入実績
(7)前年比伸長率など
(8)当該プレイヤー数認識
(9)参考情報
 URL/電話番号/売上高/従業員数/設立年月
(10) 当該ビジネス×売上推移
   2009年度(実績)/2010年度(見込)
※詳細目次
  • 形態:価格
    (税込)

    製本+CD-ROM : 153,900円

    CD-ROM : 102,600円

    製本 : 102,600円

pagetopページ上部へ