中国のインターネットエコノミーに関する報告書-2010年第3四半期

  • 形態:価格
    (税込)

    PDF : 32,400円

~ 中国インターネットエコノミーの発展状況と業界動向 ~

資料紹介 - 中国のインターネットエコノミーに関する報告書-2010年第3四半期

※「インターネットエコノミー」とは: 
 インターネットによって成り立ち、PCやモバイルなどを媒介手段として取り交わされるインターネットショッピング(B2C・C2C・B2Bのすべてを含む)、オンラインゲーム、インターネット広告など、関連企業を含めたそのビジネス取引全体のこと。


◆主なトピックス
 ●中国インターネットエコノミーの発展状況と業界動向
 ●中国インターネットエコノミーの市場規模
 ●中国インターネットエコノミーが中国経済に与える影響について
 ●中国インターネット業界における一括投融資の規模と前年比較
 ●中国インターネットエコノミー市場のシェアと前年比較


◆ここにフォーカス
※上記のトピックスのうち、インパクトの大きなデータを取り上げ、ご紹介いたします。

中国インターネットエコノミーの市場規模
・2010年第3四半期の中国インターネットエコノミー市場規模は、前年同期59.9%増加し、416.8億元(5,201億6,640万円)に達し た。
 (※)元の円換算レート:12.48円(2011/05/12時点)

中国インターネットエコノミー市場のシェアと前年比較
・2010年第3四半期のインターネットエコノミー市場のシェアにおいて、インターネットショッピング(B2C・C2C・B2Bのすべてを含む)、イ ンターネット広告、オンラインゲーム分野は前年と変わらずTOP3となり、それぞれ32.5%、24.1%、20.2%を占める。

・また、インターネットショッピング(B2C・C2C・B2Bのすべてを含む)のシェアは増加を維持しているが、オンラインゲームのシェアは、低下し 続けている。


◆研究方法について
本報告書では、業界のスペシャリスト、メーカー、エージェントに詳細なインタビューを行うことで関連業界の主要状況を把握し、販売や市場等に関するデータを取得しています。

 机上分析: 一部の公開情報を比較し、ユーザの調査データを資料とする
        ことで、最終的に業界規模のデータを構築。
 情報ソース: 政府発表の情報及びデータ、関連経済データ、業界の公開
         情報、企業年報及び季報、業界専門家の見解など。

注)本データはモニタリングに基づいた予測データであり、実際のデータは各企業による決算報告を待って、四半期報告書において発表するものとします。


◆中国インターネット事情に関する報告書について
本報告書は、中国アイリサーチ社協力のもと、同社が中国国内で定期的に発表している中国のインターネット事情に関する報告書を日本語に翻訳したものとなります。
中国アイリサーチ社は、中国全域に様々なリサーチ網を有し、最新かつ正確なデータ分析のもと、報告書を作成しております。

商品詳細 - 中国のインターネットエコノミーに関する報告書-2010年第3四半期

商 品 名:中国のインターネット通販の物流・配送に関する研究報告書(2)
発 刊 日:2011年5月20日
発   行:SBIリサーチ株式会社
販   売:株式会社クロス・マーケティング
判   型:A4 / 12ページ(PDF)
  • 形態:価格
    (税込)

    PDF : 32,400円

pagetopページ上部へ