モバイルディスプレイの需給展望と企業戦略(2011年版)~短期(2011年後半から1年)の予測と長期予測(2011年後半から5年)編~

  • 形態:価格
    (税込)

    CD-ROM : 226,800円

    製本 : 194,400円

    製本 : 230,040円

~今後、モバイルディスプレイは2015年まで数量ベースで年平均5.9%、 金額ベースで年平均10.6%の成長が期待される~

資料紹介 - モバイルディスプレイの需給展望と企業戦略(2011年版)~短期(2011年後半から1年)の予測と長期予測(2011年後半から5年)編~

ROA Holdingsは、モバイルディスプレイの分野を環境的、技術的、事業的な特徴で分析することによって、「モバイルディスプレイ」を 「モバイル環境で使われる10インチ以下のカスタマイズディスプレイ」と定義し、この市場に関連する特に需給展望を中心としたレポートにフォーカスした。今後、モバイルディスプレイは2015年まで数量ベースで年平均5.9%、金額ベースで年平均10.6%の成長が期待されると予測する。出荷数量の増加率に比べ売上の増加が大きいとする理由は、高解像度製品の比率が伸びて全般的にASP(平均販売価格: Average Sales Price)が増加している要因とともに、ディスプレイサイズによる価格の増額化も同時に反映した結果である。なおASPは、2015年まで年平均で4.4%の安定的な上昇が見込まれ、2015年のASPは12.6ドルに達すると予想している。

商品詳細 - モバイルディスプレイの需給展望と企業戦略(2011年版)~短期(2011年後半から1年)の予測と長期予測(2011年後半から5年)編~

商品名 : モバイルディスプレイの需給展望と企業戦略(2011年版)
      ~短期(2011年後半から1年)の予測と長期予測(2011年後半から5年)編~
発刊日 : 2011年09月13日
発  行 : 株式会社ROA Holdings
販  売 : 株式会社J・Grip
版  型 : A4/71ページ
■製本
■CD-ROM
■製本+CD-ROM
※カラーコピー
※CD-ROMはPDFでのご提供となります。
※PDFの仕様および印刷版のみのご提供先について
<商品発送に関する個人情報の利用について>
本商品は、ROA Holdingsより発送いたします。
発送に必要な個人情報を、ROA Holdingsに連絡いたします旨、ご了承ください。

資料概要 - モバイルディスプレイの需給展望と企業戦略(2011年版)~短期(2011年後半から1年)の予測と長期予測(2011年後半から5年)編~

エグゼクティブサマリー
ROA Holdingsでは、スマートフォンの急速な拡大を背景に「モバイルディスプレイ」の重要性がこれまで以上に高まっている現在、これからの携帯電話関連メーカーと部品業者などのために毎年「モバイルディスプレイ」に特化した需給展望レポートを発行する予定である。
ROA Holdingsはこの分野を環境的、技術的、事業的な特徴で分析することによって、「モバイルディスプレイ」を 「モバイル環境で使われる10インチ以下のカスタマイズディスプレイ」と定義し、この市場に関連する特に需給展望を中心としたレポートにフォーカスした。
今後、モバイルディスプレイは2015年まで数量ベースで年平均5.9%、金額ベースで年平均10.6%の成長が期待される。出荷数量の増加率に比べ売上の増加が大きいとする理由は、高解像度製品の比率が伸びて全般的にASP(平均販売価格: Average Sales Price)が増えている要因とともに、ディスプレイのサイズによる価格の増額化も同時に反映した結果である。
ASPは、2015年まで年平均で4.4%の安定的な上昇が見込まれ、2015年のASPは12.6ドルに達すると見られる。
[図]アプリケーション別出荷量の予想(2011~2015年)

生産力も継続して増加し、2015年まで年平均15%の成長が見込まれる。特にハイエンドを生産できるLTPSの生産能力の増加が大きいと見られ、生産能力が低下していた日本地域はアップルの投資によって再び増加に転じると見られる。
現在、生産力の40%を占めている台湾は、日本の復活と中国の躍進によって生産力に占める比率が減少していくと見られ、ハイエンドは日本と韓国の企業が強みを持ち続けると見られる。
[図]地域別の生産能力とその比率(2011~2015年)

需給については、2012年までハイエンドを中心に供給不足が見込まれるが、2013年以降は供給過剰に転じると見られる。供給過剰の状態はAMOLED、フレキシブルディスプレイのような新技術とアプリケーションの積極的な導入を加速させる機会になるだろう。
モバイルディスプレイ企業は、過去のような高い収益を期待できない事業構造に移行して再編を続け、日本企業は事業撤退や売却も予想される。そのため、投資余力を持つ幾つかの企業が中心となる市場構図に変化していくだろう。また、アップルの投資によって始まったセットアップ企業の直接参入がモバイルディスプレイ業界の新たな主体になる可能性が大きい。

資料目次 - モバイルディスプレイの需給展望と企業戦略(2011年版)~短期(2011年後半から1年)の予測と長期予測(2011年後半から5年)編~

エグゼクティブサマリー
1 モバイルディスプレイ市場の展望
 1-1 需要の展望
 1-2 価格の展望
 1-3 アプリケーション別の展望
  1-3-1 携帯電話
  1-3-2 デジタルイメージング
  1-3-3 PMP (ポータブルメディアプレイヤー)
  1-3-4 オートモーティブ
  1-3-5 アミューズメント
2 モバイルディスプレイ供給展望
 2-1 地域別の供給予想
  2-1-1 台湾
  2-1-2 韓国
  2-1-3 日本
  2-1-4 中国
 2-2 技術別の供給展望
 2-3 需給展望
  2-3-1 前提条件
  2-3-2 シナリオ別の需給展望
3 ディスプレイ企業の対応戦略
 3-1 サムスンSMD : AMOLEDで勝負
 3-2 シャープ : 事業の安定的維持 or 段階的な撤収
 3-3 CMI : Foxconnの競争力強化にはディスプレイが必要
 3-4 LGD : テレビ中心の事業戦略
 3-5 AUO : 競争力回復が優先
 3-6 日本 その他の企業 : 段階的な事業撤退を準備
 3-7 中華圏の企業 : 技術移転がポイント
4 モバイルディスプレイ産業の未来
【図目次】
[[図 1-1]アプリケーション別出荷量の予想(2011年~2015年)
[図 1-2]アプリケーション別売上額の予想(2011年~2015年)
[図 1-3]タブレットのモバイルディスプレイ内比率(2011年~2015年)
[図 1-4]アプリケーション別ASP予想(2011年~2015年)
[図 1-5]アプリケーション別平均サイズ(2011年~2015年)
[図 1-6]アプリケーション別インチ当たりの平均販売価格(2011年~2015年)
[図 1-7]ppi別予想(2011年~2015年)
[図 1-8]250ppi以上のアプリケーション別数量予想(2011年~ 2015年)
[図 1-9]携帯電話数量予想(2011年~2015年)
[図 1-10]携帯電話売上の予想(2011年~2015年)
[図 1-11]携帯電話ASP予想(2011年~2015年)
[図 1-12]携帯電話ppi別分布の予想(2011年~2015年)
[図 1-13]デジタルイメージングディスプレイ数量の予想(2011年~1015年)
[図 1-14]デジタルイメージングディスプレイの売上予想(2011年~1015年)
[図 1-15]デジタルイメージングディスプレイASPの予想(2011年~2015年)
[図 1-16]デジタルイメージングディスプレイ生産面積(2011年~2015年)
[図 1-17]デジタルイメージングディスプレイ解像度の予想(2011年~2015年)
[図 1-18]PMPの予想(2011年~2015年)
[図 1-19]PMP内の高解像度 出荷予想(2011年~2015年)
[図 1-20]オートモーティブ数量予想(2011年~2015年)
[図 1-21]オートモーティブ売上予想(2011年~2015年)
[図 1-22]オートモーティブASP予想(2011年~2015年)
[図 1-23]アミューズメント出荷量のASP予想(2011年~2015年)
[図 1-24]アミューズメント解像度の予想(2011年~2015年)
[図 2-1]国別生産能力とその比率(2011年~2015年、平方メートル/年)
[図 2-2]国別生産能力 a-Si (2011年~2015年、平方メートル/年)
[図 2-3]国別生産能力 LTPS (2011年~2015年、平方メートル/年)
[図 2-4]Taiwan企業別 生産能力(2011~2015年、平方メートル/年)
[図 2-5]台湾a-Si生産能力(2011年~2015年、平方メートル/年)
[図 2-6]台湾LTPSの生産能力(2011年~2015年、平方メートル/年)
[図 2-7]韓国企業の生産能力(2011年~2015年、平方メートル/年)
[図 2-8]韓国のa-Si生産能力(2011年~2015年、平方メートル/年)
[図 2-9]韓国のLTPS生産能力(2011年~2015年、平方メートル/年)
[図 2-10]日本企業別の生産能力(2011年~2015年、平方メートル/年)
[図 2-11]日本のa-Si生産能力(2011年~2015年、平方メートル/年)
[図 2-12]日本のLTPS生産能力(2011年~2015年、平方メートル/年)
[図 2-13]中国の企業別生産能力(2011年~2015年、平方メートル/年)
[図 2-14]中国のa-Si生産能力(2011年~2015年、平方メートル/年)
[図 2-15]中国のLTPS生産能力(2011年~2015年、平方メートル/年)
[図 2-16]OLED/LCDの生産能力(2011年~2015年、平方メートル/年)
[図 2-17]バックプレーン別の生産能力(2011年~2015年、平方メートル/年)
[図 2-18]LTPS内のAMOLED生産能力(2011年~2015年、平方メートル/年)
[図 2-19]AMOLED内フレキシブル生産能力(2011年~2015年、平方メートル/年)
[図 2-20]LCD内液晶モード別生産能力(2011年~2015年、平方メートル/年)
[図 2-21]IPS モード内バックプレーン別生産能力(2011年~2015年、平方メートル/年)
[図 2-22]LTPS/AMOLEDの需要(2011年~2015年、平方メートル/年)
[図 2-23]モバイルディスプレイの需給展望(2010年~2015年)
[図 2-24]LTPS "必須(Must)"需要 vs. LCD用LTPS供給(2010年~2015年)
[図 2-25]LCD/OLED "必須(Must)" 需要 vs. LTPS供給(2010年~2015年)
[図 2-26]LTPS LCD/OLED全体需要 vs. LTPS供給(2010年~2015年)
[図 2-27]LTPS LCD/OLED全体需要 vs.フレキシブルを除外したLTPS供給(2010年~2015年)
[図 3-1]サムスンSMDの生産能力の予想(2010年~2015年、平方メートル/年)
[図 3-2]シャープ生産能力の予想(2010年~2015年、平方メートル/年)
[図 3-3]CMI生産能力の予想(2010年~2015年、平方メートル/年)
[図 3-4]LGD生産能力の予想(2010年~2015年、平方メートル/年)
[図 3-5]AUO生産能力の予想(2010年~2015年、平方メートル/年)
[図 3-6]日本のその他の企業の生産能力の予想(2010年~2015年、平方メートル/年)
※本文内の図表の数値は、Excelデータでご提供いたします。
  • 形態:価格
    (税込)

    CD-ROM : 226,800円

    製本 : 194,400円

    製本 : 230,040円

pagetopページ上部へ