【Cross Scope】「高額商品の購入」に関する調査

  • 形態:価格
    (税込)

    ローデータ : 32,400円

~今年に入って購入した高額商品は? 1位「パソコン」、2位「テレビ」、3位「ブルーレイ/DVDレコーダー」と、TOP3は地デジ対応・デジタル家電系商品に~

調査背景・目的 - 【Cross Scope】「高額商品の購入」に関する調査

国内の景気低迷が長く続いている影響で、生活者の消費マインドは冷え込んでおり、一部回復傾向はみられるものの、活性化に向かっているとは言い難い状況といえます。しかし節約を心掛ける一方で、日用品とは異なる高額な商品の購入も行われています。今年に入って購入された、高額商品とその値段は?また、その購入場所や購入理由とは?
本調査では、2011年に、5万円以上の商品を自分のために購入し、かつその商品を「高額商品だと思う」人を“高額商品購入者”と定義し、購入した商品の具体例、価格、購入の決め手などを明らかにしました。

調査結果トピックス - 【Cross Scope】「高額商品の購入」に関する調査

□自分のために購入した高額商品は、1位「パソコン」、2位「テレビ」、3位「ブルーレイ/DVDレコーダー」など、地デジ対応<図1>
□デジタル家電系商品が占める平均購入価格が最も高い品目は「家・土地」、最も安いのは「スキー・ダイビング・アウトドア」<図2>
□スマートフォンの使用タイプは、「趣味・実益派」(36.3%)が最も高く、30代男性ビジネスマンの傾向が高い。
次に「通話・メール中心派」(17.8%)、「エンタメ派」(15.0%)と続く。<図3>
□購入理由は、「安かったから・お買い得・ポイントがつくから」(15.9%)が一番高く、高額商品とはいえ、価格やお得感は   最後のきっかけとなっている。<図4>


<図1> 購入した高額商品 (上位20品目)

<図2> 自分のために購入した『高額商品』 のHigh & Low

<図3> 自分のために購入した『高額商品』 をどこで知ったか

<図4> 最終的にその商品の購入に踏み切った理由(上位3品目)

商品詳細 - 【Cross Scope】「高額商品の購入」に関する調査

商品名 :【Cross Scope】「高額商品の購入」に関する調査※ローデータ販売
発刊日 : 2011年9月
調  査 : 株式会社クロス・マーケティング
実  査 : 株式会社クロス・マーケティング
販  売 : 株式会社J・Grip
版  型 : ローデータ・GT表・ラベル(Excel)
       ◆付録 報告書(PDF)       
※ダウンロード商品
備考
本商品は、2011年9月5日にリリースしました『【Cross Scope】「高額商品の購入」に関する調査』のローデータ商品の販売です。
なお、ローデータをグラフ等に加工し、納品するサービスも承ります。
別途お見積りいたしますので、どうぞお気軽にご相談ください。
報告書と調査概要は、無料にて配布しております。ご希望の方は下記リンク先のフォームよりお申し込みください。
ダウンロード URL をお知らせいたします。
無料PDFレポートお申し込みはこちら

調査概要 - 【Cross Scope】「高額商品の購入」に関する調査

調査手法  : インターネット調査((株)クロス・マーケティング登録モニター)
調査対象  : 全国の20~69歳の男女   
調査期間  : 2011年8月16日(火)~2011年8月18日(木)
有効回答数 : 1000サンプル
クロス・マーケティングが提供する無料集計・分析ソフトをご活用頂ければ、こちらのローデータから、お客様独自に集計・分析・グラフ作成などを行って頂けます。
Crossfinder

2010年11月24日にリリースしましたクライアントアプリケーション型の集計・分析ソフト「Cross Finder*1 」のご利用をご希望の方は、下記URLより、動作環境をご確認の上、お申し込み下さい。
*1 : 「Cross Finder」は、ご自分のPCにインストール頂き、簡単に「質問加工」「クロス集計」「グラフ作成」「レポート出力」などを行うことができるオリジナル簡易集計ソフトです。
「Cross Finder 」詳細・お申込みはこちらから    
  • 形態:価格
    (税込)

    ローデータ : 32,400円

pagetopページ上部へ