【Cross Scope】「情報セキュリティ対策」に関する企業の動向調査

  • 形態:価格
    (税込)

    ローデータ : 32,400円

~最も懸念するリスクは、内部からの情報漏洩
対策実施には経営層の理解が必要~

調査背景・目的 - 【Cross Scope】「情報セキュリティ対策」に関する企業の動向調査

近年、情報セキュリティに対する企業意識は高まっており、対策への取り組みや組織体制の強化が、経営基盤を構築する重要なファクターになっています。個人情報保護法の全面施行から5年の歳月が過ぎた今、企業は情報セキュリティを確保するために、どのような対策を実施しているのでしょうか。本調査企画では、対策の取り組み状況やリスクに対する意識、対策におけるITソリューションの導入状況にも焦点をあて、企業の情報セキュリティに対する動向を明らかにします。

調査結果トピックス - 【Cross Scope】「情報セキュリティ対策」に関する企業の動向調査

◆対策への取り組み度は、従業員数や年間売上高といった企業規模の大きさと比例関係にある。(図1)
◆最も懸念しているリスクは、内部からの人為的な原因による情報漏洩。
◆セキュリティ・ツールの実装に関して、 85.8%がウィルス対策系ソリューションを導入済み。
◆対策における懸念として「投資効果が明確に示せない」がトップで、対策実施のための費用確保には、経営層の理解が求められる。(図2)


調査項目 - 【Cross Scope】「情報セキュリティ対策」に関する企業の動向調査

属性設問
(職業・職種・職制・IT業務への関与度・IT投資への関与度・情報セキュリティ業務への関与度・勤務先業種・勤務先企業規模(従業員数)・勤務先企業規模(年間売上高)
勤務先での情報セキュリティ対策の現状(SA)
情報セキュリティ対策における実施業務(MA)
各対策業務における管掌組織/部門(各SA)
懸念している情報セキュリティ・リスク(SA・MA)
強化が計画されている対策分野(SA・MA)
関心のあるセキュリティ関連キーワード(5段階)
ネットワーク分野におけるツールの実装状況(4段階)
サーバ、ミドルウェア分野におけるツールの実装状況(4段階)
エンドポイント分野におけるツールの実装状況(4段階)
シン・クライアント/仮想デスクトップの導入展開率(SA)
文書のセキュリティ管理における取り組み状況(MA)
情報セキュリティ分野における認知企業(純粋想起)
情報セキュリティ分野における認知企業(助成想起・4段階)

商品詳細 - 【Cross Scope】「情報セキュリティ対策」に関する企業の動向調査

商品名  : 【Cross Scope】「情報セキュリティ対策」に関する企業の動向調査
発刊日 : 2010年10月
調  査 : 株式会社クロス・マーケティング
実  査 : 株式会社クロス・マーケティング
販  売 : 株式会社J・Grip
版  型 : ローデータ・GT表・ラベル
【備考】
本商品は、2010年10月12日にリリース致しました自主調査『 「情報セキュリティ対策」に関する企業の動向調査』のローデータ及び全集計データの商品販売になります。
なお、ローデータをグラフ等に加工し、納品するサービスも承ります。
別途お見積りいたしますので、どうぞお気軽にご相談ください。
報告書と調査概要は、無料にて配布しております。ご希望の方は下記リンク先のフォームよりお申し込みください。
ダウンロード URL をお知らせいたします。
お申し込みはこちら

調査概要 - 【Cross Scope】「情報セキュリティ対策」に関する企業の動向調査

■調査手法 :インターネットリサーチ(クロス・マーケティング アンケートモニター使用)
■調査対象 :国内企業に勤務するIT関連業務の従事者
■調査期間 :2010年9月22日(水)~ 2010年9月23日(木)
■有効回答数 :800サンプル
無料集計・分析ツール、「research.jp(リサーチジェーピー 」※1対応商品
本商品のローデータは、クロス・マーケティングが提供する無料のウェブ集計・分析ツール「research.jp」に対応したローデータ形式となっております。「research.jp」にローデータをアップロードすれば、集計・分析やグラフ作成などを簡単に行うことができます。
「research.jp」のご利用を希望される方は、下記ページの「お問い合わせ」フォームより、お申込み下さい。
「research.jp」詳細・お申込みはこちらから    
※1.research.jpとは
「research.jp(リサーチジェーピー)」は、誰でも簡単に集計、分析、コメント付調査レポートの自動作成ができる、無料のオンライン集計・分析ツールです。最新のWeb技術を用いて、該当箇所のチェックや、ドラッグ&ドロップで操作できる直感的なユーザーインターフェイスを実現し、簡単な集計作業から、高度な集計、分析、コメント付調査レポートの自動作成まで、誰でも簡単に操作することを可能にしました。また、本格的な集計・分析ツールとしては初めて、クラウドコンピューティング を活用したWebサービスとしての提供を行うことで、パソコンにソフトウェア等をインストールする必要がなく、いつでもどこでも快適にご利用頂けます。
research.jp
  • 形態:価格
    (税込)

    ローデータ : 32,400円

pagetopページ上部へ