【Cross Scope EXPRESS】「スマートフォン/携帯電話の使用状況」に関する調査

  • 形態:価格
    (税込)

    ローデータ : 21,600円

~スマートフォンユーザーはその“機能性”や“流行感”に満足 携帯電話と両方使いの60.8%は“スマートフォンを主に使いたい”~

調査背景・目的 - 【Cross Scope EXPRESS】「スマートフォン/携帯電話の使用状況」に関する調査

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五十嵐幹)は、全国の男女18~69歳を対象に、「スマートフォン/携帯電話の使用状況に関する調査」を実施しました。2008年の「iPhone3G」発売をきっかけに、日本でもスマートフォンが普及し始めました。各社からの新製品投入も相次ぎ、今後ますますスマートフォン市場は伸びると予想されています。
このような状況の中で、消費者はスマートフォンおよび携帯電話をどのように使用しているのでしょうか。本調査ではスマートフォンおよび携帯電話の利用状況や満足度、今後の使用意向について聴取しました。

調査結果トピックス - 【Cross Scope EXPRESS】「スマートフォン/携帯電話の使用状況」に関する調査

◇スマートフォンと携帯電話の使用機能、「通話」「メール」に大きな差はない。
「インターネット」「音楽プレーヤー」「アプリ/ゲーム」「動画視聴」はスマートフォンが携帯電話を圧倒。
◇普段よく使用している機能/サービスを複数回答でたずねた。
携帯電話ユーザー、スマートフォンユーザーで使用に差がみられる機能は、
「インターネット(情報検索)」(45.5ポイント)
「音楽プレーヤー」(44.0ポイント)
「アプリ/ゲーム」(39.5ポイント)
「動画視聴」(28.5ポイント)
である。
これらの機能については、スマートフォンユーザーが携帯電話ユーザーを上回る。

調査項目 - 【Cross Scope EXPRESS】「スマートフォン/携帯電話の使用状況」に関する調査

・携帯電話/スマートフォン/PHSの購入・使用経験(MA)
・携帯電話/スマートフォン/PHSの現在使用(MA)
・携帯電話/スマートフォン/PHSの最頻使用(SA)
・最頻使用機種名(SA)
・複数台数使用の有無(SA)
・利用サービス/機能(MA)
・サービス/機能の利用シーン(各MA)
・携帯電話/スマートフォンの使い分け意識(各SA)
・インターネットへのアクセス頻度(SA)
・閲覧サイトのジャンル(MA)
・インターネットを利用したショッピング経験の有無(SA)
・インターネットを利用したショッピング経験のカテゴリー(MA)
・ショッピング頻度の変化(各SA)
・スマートフォン有料/無料アプリ購入経験(MA)
・スマートフォン有料アプリの平均金額(FA)
・スマートフォン競合製品使用頻度の変化(各SA)
・スマートフォンスマートフォン購入理由(MA)
・スマートフォン広告視聴経験(SA)
・スマートフォン非購入理由(MA)
・選択重視点(各SA)
・選択期待度(SA)
・製品満足度(各SA)
・製品満足/不満足理由(FA)
・今後の利用意向(SA)
・今後の利用意向時期(SA)
・要望・希望について(FA)

商品詳細 - 【Cross Scope EXPRESS】「スマートフォン/携帯電話の使用状況」に関する調査

商品名 : 【Cross Scope EXPRESS】「スマートフォン/携帯電話の使用状況」に関する調査 
       ※ローデータ&全集計データ販売
発刊日 : 2010年10月
調  査 : 株式会社クロス・マーケティング
実  査 : 株式会社クロス・マーケティング
販  売 : 株式会社J・Grip
版  型 : ローデータ・GT表・ラベル(Excel)/クロス集計表(Excel)
報告書(PDF)/調査概要(PDF)
※ダウンロード商品
◇ローデータ加工サービス
ローデータをグラフ等に加工し、納品するサービスも承ります。
別途お見積りいたしますので、どうぞお気軽にご相談ください。
◇無料配布
調査結果の報告書(抜粋)は、無料配布しております。
ご希望の方は、下記リンク先よりお申し込みください。
お申し込みはこちら

調査概要 - 【Cross Scope EXPRESS】「スマートフォン/携帯電話の使用状況」に関する調査

調査方法:インターネットリサーチ(クロス・マーケティングアンケートモニター使用)
調査時期:2010年10月
地域  :全国
調査対象:男女18~69歳
有効回収数:1,200サンプル(スマートフォンメインユーザー/携帯電話メインユーザー各600サンプル)
設問数 :属性設問7問+スクリーニング設問2問+本調査22問
無料集計・分析ツール、「research.jp(リサーチジェーピー 」※1対応商品
本商品のローデータは、クロス・マーケティングが提供する無料のウェブ集計・分析ツール「research.jp」に対応したローデータ形式となっております。「research.jp」にローデータをアップロードすれば、集計・分析やグラフ作成などを簡単に行うことができます。
「research.jp」のご利用を希望される方は、下記ページの「お問い合わせ」フォームより、お申込み下さい。
「research.jp」詳細・お申込みはこちらから    
※1.research.jpとは
「research.jp(リサーチジェーピー)」は、誰でも簡単に集計、分析、コメント付調査レポートの自動作成ができる、無料のオンライン集計・分析ツールです。最新のWeb技術を用いて、該当箇所のチェックや、ドラッグ&ドロップで操作できる直感的なユーザーインターフェイスを実現し、簡単な集計作業から、高度な集計、分析、コメント付調査レポートの自動作成まで、誰でも簡単に操作することを可能にしました。また、本格的な集計・分析ツールとしては初めて、クラウドコンピューティング を活用したWebサービスとしての提供を行うことで、パソコンにソフトウェア等をインストールする必要がなく、いつでもどこでも快適にご利用頂けます。
research.jp
  • 形態:価格
    (税込)

    ローデータ : 21,600円

pagetopページ上部へ