【Cross Scope】「カジュアルギフト」「自分へのご褒美」に関する実態調査

  • 形態:価格
    (税込)

    ローデータ : 32,400円

~ “自分へのご褒美”購入回数は男性よりも女性が多いものの、平均額は40代男性がトップで28,004円~

調査背景・目的 - 【Cross Scope】「カジュアルギフト」「自分へのご褒美」に関する実態調査

近年、お中元やお歳暮など、フォーマルギフトの需要は減少傾向にある一方で、親しい人や大切な人に日頃の付き合いやコミュニケーションの一環として自発的に贈るカジュアルギフトの需要は伸びてきており、ギフト市場の形態が大きく変化しています。ギフトのカジュアル化が進み、フォーマルな“建前としてのギフト”からカジュアルな“贈りたい人に、贈りたいときに贈るギフト”へ変化する中、消費者はどのようにギフトを選定し、購入しているのでしょうか。
今回は、「カジュアルギフト」と「自分へのご褒美」に注目し、贈答実態を明らかにします。

調査結果トピックス - 【Cross Scope】「カジュアルギフト」「自分へのご褒美」に関する実態調査

直近3ヶ月のギフト贈与経験
・定義した4つのギフトの3ヶ月以内の贈与経験は、高い順に「カジュアルギフト(32.8%)」「自分へのご褒美(30.6%)」「セミフォーマルギフト(23.1%)」「フォーマルギフト(21.4%)」
・性・年齢別にみると、同年代の男女間では、4つのギフトすべてで「女性」が「男性」のスコアを上回る
・「フォーマルギフト」では、男女共に年齢が高くなるほど贈る割合が高く、「女性50代」で約5割に達する
・反対に、「自分へのご褒美」では、男女共に年齢が低くなるほど贈る割合が高く、「女子学生」で約5割に達する
・「セミフォーマルギフト」「カジュアルギフト」では、共に「女性30代」のスコアが最も高い(41.1%、51.1%)

自分へのご褒美購入金額
・「自分へのご褒美」の購入金額は、「1万円~5万円未満」が27.4%で最も高い
性別にみると、「男性」は「女性」より購入金額がやや高く、平均金額の差は約4,000円
・性・年齢別に平均金額をみると、「男性40代」が28,004円で最も高い。次いで高いのは「男性30代」で、ほぼ同額の27,915円。「女子学生」では、「1,000円未満」の割合が他の層と比べて高く、平均金額は12,808円で最も低い
・購入商品別にみると、「食品・飲料」「お菓子・デザート」では、他の商品と比べて「1,000円未満」の割合が高い。「旅行・ツアー」の平均金額は52,325円で最も高く、「カジュアルギフト」と比べても2倍以上高い
・全般的に、「カジュアルギフト」として購入する場合と比べて、「食品・飲料」「お菓子・デザート」などの「食べ物系」の購入金額は控えめだが、「身だしなみ・お洒落用品」「雑貨・インテリア・電化製品」などの「普段使用するもの」の金額は高いのが特徴的

調査項目 - 【Cross Scope】「カジュアルギフト」「自分へのご褒美」に関する実態調査

※以下の設問は、フォーマルギフト/セミフォーマルギフト/カジュアルギフト/自分へのご褒美について聴取している。
□ 直近3ヶ月のギフトを贈った経験(各SA)
□ 直近3ヶ月のギフトをもらった経験(各SA)
□ 贈ったギフトの商品項目(各SA)
□ 贈ったギフトを購入した場所(各SA)
□ 贈ったギフトを購入する際、あらかじめ購入する商品や店舗を決めていたか(各SA)
□ ギフトを贈った相手(各SA)
□ 贈ったギフトの金額(各SA)
□ 直近1年間のギフトの購入回数(各SA)
□ 今後のギフトの購入意向(各5段階)
※以下の設問は、ギフトに関する意識を聴取している
□ ギフトを選ぶ際に、自分の好みやセンスをどの程度優先させるか(5段階)
□ ギフトを購入した際に最も重視した項目(SA)
□ 「カジュアルギフト」を購入した理由/シーン(FA)
□ 「自分へのご褒美」を購入した理由/シーン(FA)

商品詳細 - 【Cross Scope】「カジュアルギフト」「自分へのご褒美」に関する実態調査

商品名  : 【Cross Scope】「カジュアルギフト」、「自分へのご褒美」に関する実態調査
発刊日 : 2010年11月
調  査 : 株式会社クロス・マーケティング
実  査 : 株式会社クロス・マーケティング
販  売 : 株式会社J・Grip
版  型 : ローデータ・GT表・ラベル・クロス集計表
      ※付録:下記にて、無料配布しているPDFレポート
【備考】
本商品は、2010年11月19日にリリース致しました自主調査『 「カジュアルギフト」、「自分へのご褒美」に関する実態調査』のローデータ及び全集計データの商品販売になります。
報告書と調査概要は、無料にて配布しております。ご希望の方は下記リンク先のフォームよりお申し込みください。
ダウンロード URL をお知らせいたします。
お申し込みはこちら

なお、ローデータをグラフ等に加工し、納品するサービスも承ります。別途お見積りいたしますので、どうぞお気軽にご相談ください。

調査概要 - 【Cross Scope】「カジュアルギフト」「自分へのご褒美」に関する実態調査

■調査手法 :インターネットリサーチ(クロス・マーケティング アンケートモニター使用)
■調査対象 :全国/男女/18~29歳(大学生、専門学生、大学院生) 20~59歳(学生以外)直近3ヶ月以内に「カジュアルギフト」、若しくは「自分へのご褒美」を購入した人
■調査期間 :2010年8月25日(水)~ 2010年8月27日(金)
■有効回答数 : 1,000サンプル
無料集計・分析ツール、「research.jp(リサーチジェーピー 」※1対応商品
本商品のローデータは、クロス・マーケティングが提供する無料のウェブ集計・分析ツール「research.jp」に対応したローデータ形式となっております。「research.jp」にローデータをアップロードすれば、集計・分析やグラフ作成などを簡単に行うことができます。
「research.jp」のご利用を希望される方は、下記ページの「お問い合わせ」フォームより、お申込み下さい。
「research.jp」詳細・お申込みはこちらから    
※1.research.jpとは
「research.jp(リサーチジェーピー)」は、誰でも簡単に集計、分析、コメント付調査レポートの自動作成ができる、無料のオンライン集計・分析ツールです。最新のWeb技術を用いて、該当箇所のチェックや、ドラッグ&ドロップで操作できる直感的なユーザーインターフェイスを実現し、簡単な集計作業から、高度な集計、分析、コメント付調査レポートの自動作成まで、誰でも簡単に操作することを可能にしました。また、本格的な集計・分析ツールとしては初めて、クラウドコンピューティング を活用したWebサービスとしての提供を行うことで、パソコンにソフトウェア等をインストールする必要がなく、いつでもどこでも快適にご利用頂けます。
research.jp
  • 形態:価格
    (税込)

    ローデータ : 32,400円

pagetopページ上部へ