【Cross Scope】「中・高年男性の美容」に対する意識・実態調査

  • 形態:価格
    (税込)

    ローデータ : 32,400円

~40代男性も、まだまだモテたい!「薄毛・抜け毛」や「口臭」などの悩みに対策も~

調査背景・目的 - 【Cross Scope】「中・高年男性の美容」に対する意識・実態調査

近年、若年層男性の美容に対する実態・意識に焦点があてられ、また若年層男性をターゲットとした美容商品・化粧品なども増加しています。一方で中・高年男性が、美容に対してどのような意識を持ち、行動をとっているのかはあまり明らかでありません。本調査では、中・高年男性の美容・化粧に対する実態・意識を確認することを目的としました。

調査結果トピックス - 【Cross Scope】「中・高年男性の美容」に対する意識・実態調査

化粧品(スキンケア商品)の1ヶ月あたりの使用金額
・1ヶ月のスキンケア商品の使用額は、「1円~1,000円未満」が57.1%と最も高くなっており、全体の平均金額は1371.3円である
・平均金額が最も高かったのは、「男性50代」(1404.2円)で、最も低かった「男性40代」(1322.3円)との差は81.9円である
・年代が上がるごとに「1円~1,000円未満」の回答者が下がり、「1,000円~2,500円未満」の回答ポイントが上がる。特に「男性60代前半」は「1,000円~2,500円未満」が40.0%で、「男性40代」(26.6%)、「男性50代」(28.7%)より10ポイント以上高い

化粧品(ヘアケア商品)の使用実態
・全体で見ると、「シャンプー」(90.6%)はほとんどが使用しており、「トリートメント」(40.0%)は半数以下であるが、「男性40代子供なし」の使用率は相対的に高い。清潔を保つための行動は9割の人が行う一方、「ダメージケア用品」は0.8%%と1%に満たない
・全体で「育毛剤」の使用率は17.4%である。年代で見ると、「男性60代前半」(18.0%)と並んで、「男性40代」も18.0%で、年代による差はみられない
・「男性50代」は、「ヘアケア商品は使用していない」(4.3%)が他の年代よりも低く、当該商品いずれかを使用している人は最も多いが、「トリートメント」(36.7%)、「育毛剤」(16.3%)、「ダメージケア用品」(0.3%)においては、他層よりもやや低い
・年代が上がるほど、「整髪料」の使用率は高くなっており、「男性60代前半」では、他の年代より10ポイント以上高い

調査項目 - 【Cross Scope】「中・高年男性の美容」に対する意識・実態調査

□ 属性設問(性別・年齢・居住地・婚姻状況・子どもの有無)
□ 現在使用しているスキンケア商品(MA)
□ スキンケア商品の購入月額(SA)
□ 現在使用しているヘアケア商品(MA)
□ ヘアケア商品の購入月額(SA)
□ おしゃれ・身だしなみで気になっているところ/対策をしているところ(MA/MA)
□ 匂いで気になっているところ/対策をしているところ(MA/MA)
□ 髪型・ヘアケアで気になっているところ/対策をしているところ(MA/MA)
□ 髪を切っている場所(SA)
□ カラーリングやパーマをかける場所(SA)
□ 現在のかつらの使用状況(SA)
□ スキンケアに関しての悩み(MA)
□ エステを行った経験と、興味度(SA)
□ 喫煙状況(SA)
□ 喫煙をやめた時期(SA)
□ 禁煙を試みて、挫折した回数(SA)

商品詳細 - 【Cross Scope】「中・高年男性の美容」に対する意識・実態調査

商品名  : 【Cross Scope】「中・高年男性の美容」に対する意識・実態調査
発刊日 : 2010年11月
調  査 : 株式会社クロス・マーケティング
実  査 : 株式会社クロス・マーケティング
販  売 : 株式会社J・Grip
版  型 : ローデータ・GT表・ラベル・クロス集計表
      ※付録:下記にて、無料配布しているPDFレポート
【備考】
本商品は、2010年11月24日にリリース致しました自主調査『「中・高年男性の美容」に対する意識・実態調査 』のローデータ及び全集計データの商品販売になります。
報告書と調査概要は、無料にて配布しております。ご希望の方は下記リンク先のフォームよりお申し込みください。
ダウンロード URL をお知らせいたします。
お申し込みはこちら

なお、ローデータをグラフ等に加工し、納品するサービスも承ります。別途お見積りいたしますので、どうぞお気軽にご相談ください。

調査概要 - 【Cross Scope】「中・高年男性の美容」に対する意識・実態調査

■調査手法 :インターネットリサーチ(クロス・マーケティング アンケートモニター使用)
■調査対象 :首都圏(1都3県)/男性40~65歳
■調査期間 :2010年8月25日(水)~ 2010年8月27日(金)
■有効回答数 : 900サンプル
無料集計・分析ツール、「research.jp(リサーチジェーピー 」※1対応商品
本商品のローデータは、クロス・マーケティングが提供する無料のウェブ集計・分析ツール「research.jp」に対応したローデータ形式となっております。「research.jp」にローデータをアップロードすれば、集計・分析やグラフ作成などを簡単に行うことができます。
「research.jp」のご利用を希望される方は、下記ページの「お問い合わせ」フォームより、お申込み下さい。
「research.jp」詳細・お申込みはこちらから    
※1.research.jpとは
「research.jp(リサーチジェーピー)」は、誰でも簡単に集計、分析、コメント付調査レポートの自動作成ができる、無料のオンライン集計・分析ツールです。最新のWeb技術を用いて、該当箇所のチェックや、ドラッグ&ドロップで操作できる直感的なユーザーインターフェイスを実現し、簡単な集計作業から、高度な集計、分析、コメント付調査レポートの自動作成まで、誰でも簡単に操作することを可能にしました。また、本格的な集計・分析ツールとしては初めて、クラウドコンピューティング を活用したWebサービスとしての提供を行うことで、パソコンにソフトウェア等をインストールする必要がなく、いつでもどこでも快適にご利用頂けます。
research.jp
  • 形態:価格
    (税込)

    ローデータ : 32,400円

pagetopページ上部へ