リチウムイオン電池の最新技術開発動向

  • 形態:価格
    (税込)

    CD-ROM : 302,400円

~自動車用、定置用、モバイル用~

商品概要 - リチウムイオン電池の最新技術開発動向

◎新規材料の進化:進化するオリビン系正極への高まる期待
 新規負極材料はSn系、Si系などの高容量化、大型電池用材料開発
◎定置型電力貯蔵用:数百Ahの大型化の時代に進化
◎急速に立ち上がる中国・韓国の大型電池(EV及び定置用)事業概要

商品詳細 - リチウムイオン電池の最新技術開発動向

資 料 名:リチウムイオン電池の最新技術開発動向
発 刊 日:2011年11月
発   行:株式会社先端技術情報総合研究所
販   売:株式会社J・Grip
版   型: CD-R電子版 (PDF 600ページ ※全6巻一式)
■CD-ROM

調査概要 - リチウムイオン電池の最新技術開発動向

◆LIB技術の株式会社先端技術情報総合研究所(代表取締役:藤原 信浩)は、このたび2010年~2011年前半にかけての自動車用・定置用などの「リチウムイオン電池についての技術開発動向」技術報告書を発表しました(発刊2011年8月)。

◆LIB技術者が技術資料を厳選して編集。当社独自の技術解析から「EV関係のみならず定置用LIBの急激な成長」を予測し、編集しました。技術開発が予想以上に国際的に進んでいることを紹介してます。また、リチウムイオン電池とりわけEV用と定置用の研究成果が実用化の時代に入った発表等を解析しました。

◆技術調査および解析には内外の電池関連の1年間の国際的シンポジューム、国際的専門セミナー、国際的学会、雑誌などからLIB専門家が抽出し解析いたしました。

◆自動車用、定置用、モバイル用の最新専門技術情報、全604ページ(分冊6種類)を解析致しました。

◆年間の各種技術情報を解析しており、来年の計画、来年度の事業計画にご活用頂ける内容となっております。

資料1
  • 形態:価格
    (税込)

    CD-ROM : 302,400円

pagetopページ上部へ